プレスリソース

プレスキット 最新のPR

 

DECENTロゴ ガイドライン

プレス向けに新しいロゴを使用したい場合の、基本的なルールは次のとおりです。

  • 提供されたロゴのみを使用してください。
  • サイズ変更、編集を行わないでください。
  • アニメーションを追加しないでください。
  • 以前のロゴを使用しないでください。

DECENTについて

DECENT概要情報

  • DECENTブロックチェーンのDCore はDelegated Proof of Stake (DPoS)システムです。
  • ファイル共有のネイティブ統合機能を備えた初めてのブロックチェーンです。
  • Dcoreは2017年6月から稼働しています。
  • DCoreは1秒間に2000トランザクション以上の処理が行えます。
  • DECENTはアメリカ、ヨーロッパ、アジアに拠点を置いた中小企業(50-100)です。

情報抜粋

これらの抜粋は、DECENTについて主要な3つの側面をご説明いたします。

DECENT (財団)

DECENTは非営利団体として、企業がブロックチェーンの未来に適応する支援を行うためオープンソースのブロックチェーンエコシステムを開発を行いました。
DCore独自のテクノロジーとプラットフォームにより、DECENTは実際のユースケースアプリケーション・主にコンテンツ配信の分野に寄与いたします。

Dcore(テクノロジーとブロックチェーン)

ブロックチェーンは、ユーザーが生成できます。
DECENTのDcore(DPoSシステム)プラットフォームは、デジタルデータのやり取りに革命を起こすため開発されました。Dcoreは、非中央集権的でシンプルかつボーダレスなコンテンツや、データ・ディストリビューションを分散型アプリケーション (dapps)に行います。
また、Dcoreはオープンソースなので、ブロックチェーンをベースにした独自のアイデアを求めている企業にとって、最適な選択となります。

DCT (燃料)

DCT(暗号通貨資産)はDECENTの欠かせない要素です。DCoreプラットフォームは、DPoSアルゴリズムにより、迅速なトランザクションを実現します。
DCoreブロックチェーンネットワークを維持するために、マイナーやシーダーにDCTが支払われます。

引用

「すべてのトランザクションはブロックチェーン内にブロック単位で記録され、改ざんすることはできません。ブロックチェーンはすべてのデータが誰でも見れる状態で記録されているため、ユーザーは簡単にトランザクションの確認を行えます。
これらの機能は、企業や顧客が製品の全ライフサイクルをリアルタイムで追跡する必要がある業界全てに、大きな価値をもたらします」
-Matej Michalko、DECENT創設者兼CEO

「2009年から使用されているにも関わらず、ブロックチェーンはまだ新しい技術とみなされています。企業も、その可能性について検討し始めたところです」
-Matej Michalko、DECENT創設者兼CEO

「小規模なスタートアップから大企業まで、すべての業界がブロックチェーン・ソリューションを必要としています。これは、ブロックチェーン業界で雇用が増えていることを意味します。ブロックチェーンの技術が受け入れられるほど、その機会は増えていきます」
-Matej Michalko、DECENT創設者兼CEO

 

プレスキット