DCTとは

DCTは、DPoSとファイル共有プロトコルを組み合わせた、DCoreブロックチェーンの基となる独自のアルトコインです。
DCTはトランザクション数を増やすために、DCoreを稼働させるユーザーに資金提供を行います。